クリームやワックスではきれいに除毛できない?

自宅で手軽に使えて、カミソリで処理するよりもキレイな仕上がりになる除毛クリームや脱毛ワックス。

 

ドラッグストアやスーパーなどに行くと、お手ごろな価格で購入することができますよね。

 

 

脱毛サロンへ通うのもいいけど、こういう市販のクリームやワックスできれいに除毛することってできないんでしょうか?

 

除毛クリームと脱毛ワックスの脱毛の仕組みとデメリットを、順番に見ていきましょう。

 

 

除毛クリームには、毛の強度を保つタンパク質の結合を弱める成分が入っています。

 

ムダ毛にむらなく塗って数分放置し、脆くなった毛を専用のヘラやスポンジでクリームごと取り除いて除毛します。

 

ここまで読むだけだと簡単に除毛できそうな気がしてきますが、上手に除毛するにはある程度の慣れが必要。

 

最初はきれいに除毛できず苦労する人が多いようです。

 

 

また、体質によっては、除毛クリームの効果が出ない場合もあります。

 

除毛クリームに含まれている毛の強度を弱める成分は、実は美容院のパーマ液と同じ。

 

この成分を使って毛の強度を弱めるのですが、パーマがかかりにくい人がいるように、除毛がしにくい人もいるんです。

 

パーマと同じで、除毛クリームの場合にも、除毛しやすい体質、しにくい体質があるんですね。

 

加えて敏感肌の人は、クリームの成分で炎症等を起こす可能性もあります。

 

 

脱毛ワックスは、肌に塗り広げて乾かし、十分固まってから一気に引き剥がして脱毛します。

 

固まったワックスと一緒に毛を抜く仕組みなので、ピンセットによる毛抜きを効率よくしたものと考えて良いでしょう。

 

そのため毛抜きと同じく、毛穴が開いたり、途中で切れた毛が埋没毛になったりする危険性があります。

 

 

また、クリームの場合と同じで、きれいに脱毛できるようになるには、コツを掴まなければなりません。

 

ワックスを剥がす方向や勢いなど、自分の無駄毛の生え方に合わせて、しばらく試行錯誤することになるでしょう。

 

ワックスを乾かす時間が短すぎては脱毛できませんが、乾かしすぎると剥がす際に皮膚を傷付けるおそれがあり、この頃合いの見極めもなかなか難しいところです。

 

 

こうしてクリームやワックスでの除毛の仕組みとデメリットを見ていくと、もちろん良い点はあるにせよ、自分で除毛しないといけない、除毛方法に慣れないといけないというところでひと手間、ふた手間かかってくるのも事実。

 

コツさえつかめばきれいに除毛できるようにはなりますが、ムダ毛の処理自体が面倒だ、という方には、時間も手間もかかる分、あまりオススメはできないかもしれません。

クリームやワックスではきれいに除毛できない? 関連ページ

セルフ脱毛はリスクが高い理由
脱毛サロンで脱毛してもらうのに比べ、リスクがあると言われているのがセルフ脱毛。でも実際、セルフ脱毛とサロンの施術でどれくらい差があるのでしょうか。セルフ脱毛のリスクについてまとめてみました。
お店で脱毛した場合、すぐに効果を実感できるの?
脱毛サロンで施術を受けた場合、実際に効果を感じられるまでには、一体どれくらいの時間がかかるのでしょうか。脱毛の仕組みとムダ毛が気にならなくなるまでの期間を調べてみました。
家庭用脱毛器のデメリット
サロンへ行かなくても、自宅で気軽に脱毛できる家庭用脱毛器。エステよりお手頃で、恥ずかしい思いをすることもなく、好きなときに脱毛できるのは確かに便利ですが、その反面、実はデメリットも。こちらのページでは、家庭用脱毛器のデメリットについて、ご紹介しています。
ハイジニーナ脱毛って痛いの?
エステの全身脱毛、値段の相場は?
脱毛エステで全身脱毛したい!でもどれくらいの値段になるのか気になる・・・こちらのページでは、そんなあなたのために、エステで全身脱毛した場合の値段の相場と、脱毛サロンでお得に全身脱毛できる方法を調べてまとめてみました。
全身脱毛通い放題、シースリーと銀座カラーならどっちがいい?
通い放題で全身脱毛ができるコースがあるシースリーと銀座カラー。回数を気にせず通えて便利な通い放題ですが、全身脱毛するならどっちのサロンがおすすめなのでしょうか?