セルフ脱毛はサロン脱毛に比べてリスクが高いって本当?

脱毛サロンに行く気がなかなか起こらなくて、自己処理をしている・・・

 

自己処理でそれなりにムダ毛処理はできているから、別にサロンへ行かなくても・・・

 

と思ってらっしゃる方も、たくさんいると思います。

 

 

でも、セルフ脱毛で自己流のお手入れを重ねている人と、若いうちにエステ脱毛して自己処理をしなくなった人では、年齢を重ねたときの肌に違いが出てくると言われています。

 

もちろんセルフ脱毛の有無だけで40代、50代以降の肌が決まるわけではありませんが、一定の影響があることは間違いないようです。

 

実際のところ、20代や30代でも、自己処理が原因で皮膚に色素沈着が起こったり、乾燥がひどくなったりしますよね。

 

ずっとカミソリで自己処理していた脇が黒ずんできたり、ビキニラインの黒ずみが気になる、というのは、摩擦などの刺激による影響もありますが、カミソリがお肌に与える影響がとても大きいと言われています。

 

そうでなくても、歳をとるとただでさえシミが出来やすく、肌も弱くなっていくもの。

 

そこに自らダメージを与えるセルフ脱毛は、確かにリスクが高いと言えるでしょう。

 

なるべく人生の早いうちから、肌を守る方のスキンケアに全力を注ぎたいところです。

 

 

また、自己処理だけに頼っていると、いざという時に困るというリスクもあります。

 

長袖の季節にはついつい除毛をさぼってしまいがちですが、肌見せの機会はいつやってくるか分からないもの。

 

その場になってから慌てたり、恥ずかしい思いをしたりするのは嫌ですよね。

 

 

そして多くの女性が「もっと早くエステ脱毛しておけば良かった・・・!」と一番後悔するのは、妊娠したときだそうです。

 

妊娠によってホルモンバランスが変化して毛が濃くなったりすることもあるのに、その一方でお肌は敏感になってしまうので、除毛クリーム等は刺激が強すぎて使えません。

 

それに、大きなお腹を抱えながら自分でムダ毛の処理をするのは、不可能ではないにしてもかなりの重労働ですよね。

 

当然ながらエステ脱毛も、妊娠が分かった時点で施術不可となってしまいます。

 

そうなる前に、サロンでの施術でムダ毛のない状態になっておくのが得策のよう。

 

 

今はセルフ脱毛で十分と思っていても、長い目で見たときには様々なリスクが潜んでいそうです。

セルフ脱毛はリスクが高い理由 関連ページ

お店で脱毛した場合、すぐに効果を実感できるの?
脱毛サロンで施術を受けた場合、実際に効果を感じられるまでには、一体どれくらいの時間がかかるのでしょうか。脱毛の仕組みとムダ毛が気にならなくなるまでの期間を調べてみました。
家庭用脱毛器のデメリット
サロンへ行かなくても、自宅で気軽に脱毛できる家庭用脱毛器。エステよりお手頃で、恥ずかしい思いをすることもなく、好きなときに脱毛できるのは確かに便利ですが、その反面、実はデメリットも。こちらのページでは、家庭用脱毛器のデメリットについて、ご紹介しています。
ハイジニーナ脱毛って痛いの?
クリームやワックスではきれいに除毛できない?
カミソリよりもキレイに手軽に自宅で除毛ができると人気の除毛クリームや脱毛ワックス。でも実は、きれいに除毛ができないというウワサもあるんです。クリームやワックスを使って脱毛って実際のところ、どうなんでしょうか?脱毛の仕組みとデメリットをまとめました。
エステの全身脱毛、値段の相場は?
脱毛エステで全身脱毛したい!でもどれくらいの値段になるのか気になる・・・こちらのページでは、そんなあなたのために、エステで全身脱毛した場合の値段の相場と、脱毛サロンでお得に全身脱毛できる方法を調べてまとめてみました。
全身脱毛通い放題、シースリーと銀座カラーならどっちがいい?
通い放題で全身脱毛ができるコースがあるシースリーと銀座カラー。回数を気にせず通えて便利な通い放題ですが、全身脱毛するならどっちのサロンがおすすめなのでしょうか?